キーワード

サウナに耳栓は必須!付けて分かった耳栓の知られざる可能性も紹介 

分からない人

「サウナに耳栓いる?」

「サウナで耳栓したら、周りの音が聞こえなくなって危なくない?」

「サウナで耳栓したらどんな効果があるの?」

 

サウナを利用するとき、集中力や効果をアップさせてくれるアイテムが数多くあるんですが、

その中でもタオルを除いた最重要アイテムがあります。それは耳栓です。

 

サウナが健康にいいことは多くの人に知られているんですが、「サウナに入る時、耳栓はめっちゃ重要だぞ!!みんな聞いてくれー!!」と、叫んでいる人は少ないと感じます。

 

あなたに質問です。あなたはサウナに何を求めていますか?

⚪︎サウナで日頃の疲れを癒したい

⚪︎サウナで脳をスッキリさせたい

⚪︎サウナで自分の悩みや問題を見つめたい

⚪︎これから自分の人生どう生きて行くか、自分と向き合う時間を作りたい

私が求めているものはこんな感じです。あなたも私と同じような理由がありますか?

このような事をサウナで実現しようとおもった時に、「耳栓」が大きく良い影響をもたらせてくれます。

 
マサル
サウナで耳栓で耳栓使うと、もう手放せなくなりますよ!!

サウナ大好き家具職人の私が、耳栓を強くオススメしているのには理由があります。これは私がサウナに通って気づいた実体験です。

実体験なので化学的な根拠なんてありゃしませんがね。いやいやきっと探せばある(はず)

 

サウナで今よりもっと深く深く、回復とリフレッシュをしたいと思ってもらえたら、まあとりあえず私の話を聞いてくださいませ。

目次です

1 サウナに耳栓が必須アイテムの理由。

耳栓
asundermeier / Pixabay

まず最初に耳栓を付ける最大の理由を言っておきます。当たり前の答えなんですけど、耳栓を付ける最大の理由は

「ノイズのカット」

 

つまりの音の遮断です。それと同時に

耳栓をする最大の効果は、「自分の世界に入れる」これです。「今ここに集中する」で、おなじみマインドフルネスの考え方です。

サウナは自分と向き合う最高の時間の使い方だと思います。

 

しかし、私の利用しているサウナで耳栓を使っている人をほとんど見かけません。なぜだろう?

サウナというか、銭湯や温泉は沐浴(しゃべらずに静かに利用する)がルールとなっているのが常識なんですが、周囲に関係なく喋りまくる客も普通にいます。

運悪くそんな客がいる時間に遭遇していしまっただけで、ぶっちゃけ負け戦になりかねない。

⚫︎客同士の喋り声

⚫︎サウナ内のテレビの大きめなボリュームの音声

⚫︎外気浴の空間のテレビ音や雑音

これらはあなたが意識していなくても、あなたが心から疲れを癒したいと思えば思うほど、周囲の聞きたくないノイズがその願いを粉砕していくのです。

 
マサル

みんなよく耳栓なしで集中できるよね?自分に集中したくないのかな?それともそんな考えは

最初からないのかな?とりあえず耳栓ないと私は無理。周囲の音がうるさ過ぎて。それはさておき

ここであなたに質問です。もし仮に、同じようなサウナ性能の施設が2つ並んでいて、他のお客さんがたくさんいるサウナと、誰もいないサウナがあったら、誰もいないサウナ施設を選びませんか?わざわざ人が多いサウナ行かないですよね?

ではなぜ誰もいないサウナを選ぶのか?その理由は「周りの影響を受けず、サウナを満喫できるから」ですよね?

でも現実はプライベートサウナでもない限り、お客さんゼロなんてそうそうないです。しかも最近のサウナブームもあって、サウナ利用者の数はかなり増えていると聞きます。

 

そんな中で、なんとかサウナで心身を最大限なんとか回復させたいと思いますよね?クソ忙しい日々の中、なんとか時間を作ってわざわざサウナに来たんだから。

しかし現実はそんなに甘くない。甘くないというか、静かにゆったりサウナを堪能できません。なので耳栓は自己防衛のために付けることにもなります。

2 耳栓をつけると音の遮断意外にもこんな効果がある。

うるさい
AndCan / Pixabay

ここでは耳栓を付けると、音の遮断以外の効果を一つ紹介します。この効果を実感できるので、耳栓をするとしないじゃ大違いになります。

⚫︎サウナと水風呂の交代浴のとき、自分の心拍数が容易にわかるようになる。感じるようになる

サウナで温冷交代浴を実行するときに、大事になってくるのが「脈拍」です。

耳栓を付けていると、この脈拍を感じる事が容易になります。

体感レベルで心拍数が上がり出していることがわかり、サウナから水風呂に入ると、徐々に心拍数が下がる時も体感できます。

 

脈拍を意識しながらサウナに入ったり水風呂に入ると自分をコントロールできている証拠になるので、とてもととのいやすくなりますよ。

水風呂のあとは外気浴になると思うんですが、私はそのまま耳栓付けたまま心拍数が普通に戻るのを体感するのが好きです。

心拍数の感じ方は、自分で耳栓を付けて初めて実感できるものなので、ぜひ耳栓を付けてサウナを利用してもらいたいです。


3 サウナのおすすめ利用時間

nattanan23 / Pixabay

令和3年6月現在はコロナの影響があり、緊急事態宣言が発令中の県もあります。私は福岡県在住なので、絶賛緊急事態宣言の中にいます。

それでもサウナの利用者は一定数いて、混む時間に行くと、かなりの密集具合です。まあコロナの状況じゃなくてもサウナ密は避けたいですよね?

 

サウナの利用者が少ない時間帯はいつなのか?これは簡単。平日の午前中です。基本的に平日、休日とも夜は混雑しています。やはり疲れた体を癒しにくるの普通ですからね。

しかしサウナの場合は朝でもしっかり効果があることが証明されているので、サウナーであるサウナの知識があるなら、朝でも十分効果があります。

私は会社員ではなく、ある程度自由に仕事の時間をコントロールできるので、計画的に平日の午前中にサウナを利用するように心がけています。

平日の午前中がお値段以上にサウナの価値があります。

 

ただ会社員であっても有給が使えるなら、平日の午前中にサウナをゆったり利用するために有給を使ってみてはいかがですか?たまには自分のためだけに有給使ってもバチはあたらないと思いますがね。

サウナの知識が少ないあなたのためにはこちらの記事でサウナについて詳しく解説しているのでこちらもどうぞ。

 

サウナのリンク記事を貼る

4 耳栓をつける時の注意点。

「耳栓つけたまま風呂に入っても大丈夫かな?」

このような心配をするかもしれませんが、まあ大丈夫です。というか、サウナを利用するつけたらまずい耳栓なんてあります?

 

とりあえず、心配なら防水機能のある耳栓にすればよろしいかと思います。

嫌なら外せばいいだけですしね。無くすのが心配なら、ヒモで連結されているタイプだと無くす確率もかなり下がると思います。

ちなみに私が使っている耳栓はこれです。

耳栓

防水機能付きで、最初からヒモもついてるこれ。

 

耳栓

耳栓

防水仕様で、ひも付きで万人向け。遮音性は人それぞれ感じ方がちがうから何とも言えないですが、付けると付けないでは、違いは明確にあることは間違いないです。

耳栓選びの候補としてはかなり良い耳栓だと思います。

5 私がサウナで感じた素直な悲痛な叫び。

うるさい
Sammy-Williams / Pixabay

サウナを満喫したい私がサウナを利用する上で感じた素直な悲痛な叫びというか不満をぶちまけます。

「お前の叫びなんか興味ないよ」と、思ったらこの章は読まずに、次に行っちゃってください。ただどうしても吐き出したかった思いなので。

 

日々の仕事に家事に育児に忙しく、まじでヘロヘロになっている所で、救世主となって欲しいと願うサウナ。時間がない中でなんとか自分の時間を作って、駆け込み寺のようにサウナに行ったら、周囲の音がうるさくて全然集中できない現状。

こんな悲しい事はありません。悲しすぎる。もう絶望です。私は何度、こんな絶望的な気持ちになった事か。

 

ジジイの話し声、若い奴らの友達の楽しそうにぺちゃくちゃ話す声、特にサウナの中はひどい。響き渡る大きめなボリュームの音。

サウナ内のテレビが圧倒的に音を支配している。サウナはじっとしていないと行けないので時間が過ぎる感覚が遅くなります。

 

そこで、テレビでも見て気をそらしてサウナを我慢する。みたいな感じでしょう。私もサウナをよく知らずに利用していた時はテレビに救われていた気がしていましたよ!!でも実際は違った。気がしていただけでした。

 

少なくとも今は違う。まじでテレビがうっざい。音量ゼロにしたい。無音サウナでいいじゃん!

 

俺はわざわざ微妙に高いお金と貴重な時間を使って、サウナで心と体を整えに来たんだ。雑音ノイズを聞きに来たわけじゃないんだ!このボケカスがーーー!!!

 

オッといけない心の声をそのまま文章にしてしまいました。失礼。

 

でもこれが素直な感想です。私の近所のスーパー銭湯では静かさがない。正直入浴施設内では喋らない事が基本ですが、基本無視する奴らが必ずいます。書いてはいますが、

6 耳栓がいらないサウナ施設の条件。

サウナ
KSchlott / Pixabay

残念ながら私の住んでいる地域では、しっかりととのわせてくれるサウナがありません。なので最低限必ず私は耳栓を使います。

耳栓をつけなくても良いかな?と思える条件を言うならば、

⚪︎お客さんがととのいを求めてサウナを利用している。ゆえに基本的に喋らない。

⚪︎サウナにテレビがない、せいぜい環境BGMぐらい。

⚪︎外気浴ゾーンも静か。せいぜい環境BGMぐらい。

こんな感じだと耳栓なくてもだいじょうぶかなと思いますが、私の住んでいる地域ではこんな感じのサウナ施設は発見できていません。

無念です。私は耳栓付けたくて付けてるわけじゃないので、できれば耳栓外したいです

 

東京都心部などは、会員制のサウナなんかもあるようなんですが、福岡の私の住む地域ではまだないです。ないなら作るか????

って気持ちになります。ほんとに作るか?プライベートサウナ欲しいなーーー。

7 まとめ

サウナで心身をととのえたいときに、耳栓は必須です。特にお客さんが多い人気の施設だとなおさらです。

耳栓を付ける理由とメリットは

・周囲の騒音ノイズを軽減し、自分に集中しやすくするため。
・耳栓を付けると心拍数の上がり下がりを体感レベルで感じることができる。

耳栓には多くの種類があるんですが、とりあえず私が使っていて、満足いってる耳栓はこれ。

是非、サウナをととのえるときには、タオルと共に耳栓も仲間に入れてあげてください。

最後目で読んでいただきありがとうございました。 家具職人マサル

 

 

 

 

耳栓
最新情報をチェックしよう!