DIYでベビーサークルを手作りしてみた!作り方と考え方を解説

母
母親

娘が孫をつれて遊びに来たときに孫はベビーゲージに入れてたんのよ。

でも一歳超えてきて体格もでかくなってしかもかなり動くようになってきてベビーゲージじゃもう厳しい感じ。
でもまだゲージから出して遊ばせるのはまだ怖いんよ。なんかいい解決策はないかしら?

 

マサル
体格のいい子供って、ベビーゲージ卒業が速いよね(;・∀・)

そういえば私マサルの息子も体格が良くて、ベビーゲージを
使った期間は短かったな!!

こんにちは。家具職人マサルです。

私の実の母親はこのような悩みを抱えていました。そこで考えた母親は、息子の私に

母
ベビーサークルより大きい囲いみたいな都合のいい物を作ってちょうだいな

 

こんな相談されたので、母親から悩みを聞いて、

diyでオリジナルベビーサークル作ることになりました。

1 DIYベビーサークル完成品はこちら

完成したベビーサークルはこちらです

シングルベッドサイズで背の部分を上げた状態で使用するイメージです

ベビーサークルののおおきさは、

横幅が1400mm  縦幅が1100mm 高さが700mm

2  母親からの守ってほしいポイント

実は作るときに細かく(めんどくさい)守ってほしいポイントがありました。それは

・家で使っている折り畳みソファにピッタリ合うベビーサークルを作ってほしい
・使わない時は、バラしたいから組み立て式にしてほしい
・簡単に分解・組立させたい
・オムツが替えやすいように扉をつけてほしい
・孫が脱走しないようにある程度頑丈にしてほしい
・できるだけ軽く作ってほしい
マサル
折り畳みソファは起こさないで使う感じじゃダメ?格子は4方囲んだ方が広いし、作りやすいんだけど?」片方起こすと三方枠になって、なんか作り辛そうなんだけど…?
母
それだとデカ過ぎる。邪魔。折り畳みソファの、かたっぽ起こした大きさが丁度いいんよ
マサル
あっそうでございますか…

 

どうですか?私の心の声は、好き勝手言いやがって、かなり難易度高いなコノヤローって思いましたが、

まぁ母親からのお願いを無視するわけにもいかず、なんとか形にしました。

これらの要点をまとめると

・簡単組み立て式
・オムツが変えやすい扉を設置
・なるべく軽くて頑丈な
・孫も母も笑顔にできるベビーサークル

3 ベビーサークル本体の作り方を考える

Peggy_Marco / Pixabay

さて母親が作ってほしいベビーサークルのイメージは分かった。これらの条件を守って

・どんな形にするか?
・材料は何にするか?
・どんな組み立て方なら母親でも使えるか?
・強度はどれくらい必要か?
・オムツを変えやすい開閉式の扉って、そもそもどんなものだ?

まず最初にDIYで一番大事な「つくるプラン」を考えます。

依頼者の望むイメージと、今までの知識と経験から自分の表現できる形のちょうどいい着地地点を決める作業です。

同じような製品があればいいんですがこれといって参考になるものもないので0から考えなければならず、

設計を考えて、制作を始めるまでにかなり時間がかかりました。

(参考にしたのはベビーゲージの格子の隙間がどれくらいなら安全か?ってとこくらいでした)

41つ1つの疑問や問題に答えを出して解決していく

1始めに取り掛かった事は、基準の大きさになるソファの寸法を測ります

2ソファの寸法を基準としてベビーサークルの

・デザイン
・形と構造(組み立て方とばらし方)
・材料

これらを考えて、制作に取り掛かりました。

おりたたみソファ

折り畳み式ソファ

とりあえずベビーサークルの形は絵で書いてみて、三方枠のイメージで、それぞれを解体できる構造にして

ベビーサークル

簡単に組み立て解体できる構造ってどんな感じかな?

ベビーサークルベビーサークルこんな感じで穴の中にスッポリ木を通す組み方(大入れ)なら母親でも簡単に組めそうだ!

ベビーサークルベビーサークル

スッポリ木を通して組んだだけだとすぐに抜けてしまうから

込み栓でがっちり固定できるようにしよう!!

これなら強度もあるし組立しやすそうだし孫がさわっても抜けないから安全だね!

ベビーサークル

反対側のソファが立ち上がっている側の構造はどうしよう?

まぁソファが壁になってるからベビーサークル自体の強度と形を保つための部材がいるね!

ベビーサークルベビーサークル

5  ベビーサークルのオムツ交換しやすい工夫とは?

ベビーサークル

ベビーサークル本体の形はある程度決まったけど

オムツ交換がしやすい扉ってどんな形がいいんだ?
マサル
普通の扉みたいな構造だと、丁番(丁番)金物付けてカギを付けて…
いやなんか違う。それだと強度もないし、そもそも金物は使わない方がいいはず、子供が「かじったり」するかもしれないしサビの心配もある。
構造的に引き戸もダメ。うーーーむ….
そうだ!!引き上げ式にしよう!!
引き上げ式なら金物関係全くつかわないし、オムツ交換するときに扉をはずせて邪魔にならないし母親でもはずせる。
そして子供が扉を引き上げてはずそうとしてもはずれないように
ある程度引き上げるのに力が必要な硬さにすればよりいいはず!!
ベビーサークルベビーサークルベビーサークルこんな感じでオムツ変えられるね!!

6  ベビーサークルに使用した木材は?重さは?

ベビーサークル

ベビーサークルに使った材料は、「杉」と「スプルス」。

これらはかなり軽い木材である程度の強さもあるのでベビーサークルに使う材料としては問題ないが

杉は「ささくれ」が起きやすいため、子供が触っても大丈夫なように十分にペーパーでコスる必要がありました。

ベビーサークルの重さは画像のように私の母でも簡単に持てるくらいの重さに作ることが出来ました。

7  まとめ

ベビーサークル人間やればできるもんだなって、思わせてくれたDIYで私が作った世界に一つだけのベビーサークル。

 

私の母や孫が、笑顔でこのサークルを使ってくれてわたしもホッとしました。

 

また次も母から、無茶ぶりのDIY制作依頼を、ブツブツ文句言いながら作っていきます(^^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

家具職人マサル

 

 

ベビーサークル
最新情報をチェックしよう!