DIYを始める方へ!家具職人おススメの最初に揃えたい電動工具は?

こんにちは マサルです。

DIYを始めたい!!!でも道具も知識も経験もないし

何を揃えたら、何が出来るようになるのか全然分かんない(。-`ω-)」

「google先生で検索したら電動工具の細かい情報はたくさん出てくるけど、

結局何から始めたらいいのか…なんかしっくりこない」

 

何か始めの一歩を踏み出すヒントになるいい情報ないかなぁ?

電動工具を使って、ホームセンターで売ってる

木材で棚とか自分で作ってみたい気持ちはあるんだけどなぁ・・・

マサル
最初は何から始めたらいいのか分からない事が当たり前ですね!

何をDIYで作りたいのか?それによって必要な

電動工具は変わりますが、以下の事を電動工具で

出来るようにしたいですよね。

・木材をネジ固定する
・木材を切る
・木材を好きなデザインに形に
加工する

木材を使ってDIYをしたいと考えたとき

いろいろな場面でちょいと使いたい時にあると

非常に便利な電動工具だけをDIY初心者のあなたに3つ紹介します。


この記事を書いている私マサルは、

工業高校建築科卒業後,木造建築の大工を4年経験し

現在はオーダーメイドの家具職人(9年目)やってます。

 

今までに住宅のオーダーメイド家具や

店舗の家具、公共施設の家具を様々な電動工具、手道具を使って

制作してきました。DIYに興味があり、

これからやってみたいと思うあなたに

参考にしてもらえるとうれしいです(^^)/


 

1 注意!DIY初心者がいきなり失敗すること

「DIY始めるにはいろんな電動工具が

必要なはず!だから使い方とか性能とかは

よくわからないけど電動工具セット買うか!」

マサル

「いきなり電動工具のセットを

買ってはいけません!」

 


 

「電動工具を紹介します」!と言いながらいきなり

買うな揃えるな!!とはどういうことか!?

違うんですよ!!聞いてください!!

 

ネットでDIYの事を調べていると

「DIYを始めるには、様々な電動工具が必要で、ひと通り揃えましょう」

「良いセット商品がございます!」

 

「なるほど!じゃあ電動工具をセットで買えばお得みたい

だからよくわからないけど買うか♪」

 

ゔぉい!!ちょっと待て!言いたかったのです!!

 

はっきり言って電動工具はそんなに

安くないですから!買ったはいいけど、

使い方もよく分からないし、そのままヤル気がなくなって

倉庫に眠らせるなんて未来が見えそうですよ(^_^;)

 

それではもったいない!なのでまずは予算にも

よりますけど、まずは最低限必要な

電動工具だけを買って、使って見てほしいんです。

 

それから「私にはこの電動工具が必要だ」

「あの電動工具があればいいのに!」

自分には必要だ!と感じた電動工具を

買い進めて欲しいんです(^^)

2DIY初心者が最低限揃えておきたい
電動工具を3つ紹介します
(優先順位と理由付きで紹介します)

2-1 ぶっちぎり最優先第1位 電動ドライバー!

電動ドライバー インパクトドライバー

☝私が普段使っているインパクトドライバーになります。

「なにはともあれこれがないと始まらない!」

電動ドライバーが一番重要になります。

DIYにおいて一番使う事になります!

 

マサル
ここで注意です!電動ドライバーという電動工具はないんです!

電動ドライバーは大きく分けて2種類あります。

・インパクトドライバー

・ドリルドライバー

 

 

ドリルドライバー

上記の画像はマキタ総合カタログ2019年度版に

掲載されている充電式「ドリルドライバー」です。

(DIY初心者のあなたへ電動ドリルドライバーの

使い方紹介記事作成予定です。すこしおまちを)

インパクトドライバーとドリルドライバー何が違うんか?☝の二つの画像見ても、同じような電ドラに見えるんだが?
マサル
見た目も似ていますよね。でも使用目的がちょっと違うんです。
(インパクトドライバーとドリルドライバーの違いを
解説する記事を作成予定ですしばしお待ちを)
(最初にどちらを選べばいいか?の結論は⇩)

電動ドライバーとは、ざっくりこの2つの総称なんですが、

絶対に必要なのはインパクトドライバーです!

 

私はかれこれ10年近く物作りの仕事をしていますが

ドリルドライバーを必要とした事が、ほとんどありません。

 

全然いらないわけではないんです。ただほとんどの場面で

インパクトドライバーでカバーできちゃうんです!

 

特に家庭で木材をベースにDIYを考えているとすると、

なおのことドリルドライバーは、いりません!

 

(注意!もしコンクリートに穴を開けて、固定したいとかになれば、

「振動ドリル」という工具が必要になります。)

「ん?電動ドライバーって
どうやって使うんだ?」

 

2-2 優先順位2位 電気ノコ(通称丸ノコ)

 

大工さんをはじめ建築関係の方が

必ず持っている電動工具です。

なぜ持っているか?どんな時に役立つのか?

・ちょっと切りたい

・ザクザク切りたい

・今この場所でササっと
真っすぐ切りたい

が出来るからです!

「マルノコ」のメリット

・切りたい時に簡単に材をカットできる

・コンパクト設計なので持ち運びに便利。

充電式丸ノコもあります!

丸ノコを使用するときにはこれらの事も考えないといけません

 

「丸ノコのデメリット」

・指を切る等の大きなケガをする可能性がある

・重い!(特に女性は注意!)

・取り扱いに経験と慣れが必要

 

DIYを始めたばかりのあなたが丸ノコを購入して

サクサク使いこなすには時間と経験が必要になります。

(「DIY初心者の電気ノコ(マルノコ)の使い方を

画像付きで解説」記事を作成予定です。しばしお待ちください。)

 

なので、まずは丸ノコの購入は少し思いとどまって

ホームセンターで安全に切ってもらうことが

出来るので、そちらをおすすめします(^^)/

 

ほとんどの有名なホームセンターには、

「パネルソー」という大型の機械が設置してあります。

有料にはなりますが、(一回カット→50円前後)

スタッフに切って欲しい寸法を伝えれば切ってもらえます。

 

*ちなみにホームセンターにはDIYで使える電動工具が数多くあり、

試しにさわって使ってみるコーナーが設置している場合があります!

恥ずかしがらずにぜひ試してみてください!

(電動ドライバーの試し打ちを

よく見かけます。残念ながら丸ノコなどの

材料を切断する目的の電動工具の試し使いは

ケガをする恐れがあるので私は見たことがありません)

 

メーカー別で丸ノコも

いろいろ販売されています。

使うつもりで持ち上げたりしてみて

重さを体感出来ます。

2-3 優先順位3位 ジグソー!

変幻自在なデザインが生みだせるジグソー!

ジグソーって何?動かしてるところなんか見たことないし!
いるの?そんなもの。
マサル
ジグソーがあると、自分のイメージした形を作りだせるんですよ!

ジグソーで出来る事

・木材を丸や、だ円等の
自分の思う形にカットする
ことが出来る電気ノコの一種です

 

ジグソーがあるとこんな事ができます。下の画像をどうぞ!

試しにつかってみました!

ホームセンターにも売ってるパインの集成材です

(パイン材は程よく柔らかく、加工しやすいので

初心者におすすめの木材です!)

黒い線で書いた

こんな形の棚板のデザインにしたい!

(と、あなたは考えたとします)

ジグソーを黒い線めがけて

ザクザクカットしていきます!

出来上がり!

ジグソーがあると、こんな形も簡単に作れます。

このような丸みを持たせたデザインを作りたい場合、

「丸ノコ」では出来ないんです。もちろんこんなデザイン作らない!

直線だけで十分だと考えるならジグソーはいらないです。

 

私は家具職人になるまでジグソーの存在を知りませんでした!

当時の先輩に使い方を習い、めっちゃ便利やん(^^)/って

思ったわけです。目次の2-2で紹介している

丸のこは、材料を真っすぐ切る機械です。

曲線は切れません!

 

逆に、ジグソーは定規などは使わずにフリーハンドで使用する

使い方が一般的で、なのでジグソーは

真っすぐ切るのには向きません。曲線を切る時に威力を発揮します。

(「DIY初心者のジグソーの使い方を画像付きで解説」

記事を作成予定です。少しお待ちを。)

3 DIYの初心者におすすめな電動工具メーカーは?

電動工具買いたいけど、値段が高すぎるは宝の持ち腐れになりそうだし。安すぎて使えないのも嫌じゃ!んじゃどれを選べばええんじゃーー!?

 

電動工具メーカーは日本と海外合わせると

数十社あり、それぞれが似たり寄ったりの

電動工具を販売していてDIY初心者が電動工具を

選ぶ事が非常に難しいと思います。

マサル
DIYを始めるには、まずは電動工具に慣れることが大事です

 

DIY初心者のあなたには

・他のメーカーより金銭面でなるべく安く

・性能は問題なし!全然使える!

・充電式で共用バッテリー

 

電動工具メーカー「DCMブランド」を

おすすめします。プロはマキタを好みます!

しかし金額が高い!いきなりそんな高い

電動工具は無理!

 

「DCMブランド 充電式シリーズ」

  →https://www.dcm-hldgs.co.jp/products/p_diy/20190307133921.html

まずは入門編として使ってみて物足りなさを感じて来たら

次のステージに上がる感じで進めていくといいですよ(^^)

4 DIY初心者に必要な電動工具のまとめです

・最低限必要な電動工具を揃えてまず使ってみる。やってみる。

・DIYを始めて工具を使っていくうちに

「なんかやりづらいな」とか「こんな道具があれば

もっと作りやすくなるのになぁ」とか

「あったら便利だなぁ」とか。

 

必要な物、足りない物を自分で感じるように

なってきます。その必要だと思えた物

探して買うようにしましょう!

(電動工具と合わせて最低限揃えておきたい手工具を

紹介します。記事を作成予定ですので少しお待ちください。)

 

電動工具も、手工具もネットでポチっと決済すれば

なんでも揃っちゃう時代です。しかし、

頭の中の完成イメージを実際に形にする難しさ

自分で作りたい物を作ろうとしても

出来ないもどかしさが最初は必ずあります。

 

でもそれを乗り越えて苦労して出来た時の喜びは、

DIYをやった人しか分からないのです!

ぜひチャレンジしてくださいませ(^^)


 

dendoukougu
最新情報をチェックしよう!